placebo

展覧会の感想、適応障害で休職中の日々の日誌など。気持ちの揺らぎを見つめて自分のハンドリング方法を模索しています。

やさぐれスターバックス

合わせたかったピントは、透きとおったグリーン。
夜の街の灯に透けて綺麗だなと思ったので、一眼を引っ張り出して撮りました。
もう少し絞ってカリッとさせた感じの方が引き締まったかなあとも思いましたが、一発撮りの撮って出しなのでまあいいや、ということで。

なんやかんや毎日何かしらは撮影する展開になるので、最近は初めから一眼を持って出勤しています。
最近ちっとも営業の仕事してないなあいいのかなあ

今日は撮る方の仕事でことごとくコテンパンにされて凹んだので、閉店ギリギリまでスタバでだらけていました。
アイスゆずシトラスティーのパッションティー変更、甘酸っぱくて大好きなカスタマイズです。
ベンティも普通にごくごく飲めてしまいますが、さすがに自重してグランデにしました。

さすがにダメ出しばかりが続くなら何もやれないよ!
私が大事にしたいのは継続することにのみによって醸される美学や活気だよ!ということをかなりの熱量で文章にしたためて送りました。
しかしそれを営業職とクリエイター職の諍いって付き物だよね〜と流されてしまったので、ちょっともやもやしています。
なんとなくモノ売りを若干下に見てる?チックな感じで嫌だなあと。

確かに利益のこともしっかり考えていますけど、私は私が扱っているものはすごくいいものだし、美味しいと思ってます。
自信を持って広めたいからこそ、本職ではないし大変だけど、写真も撮るし文章も書いているわけで…

いわゆるBtoB営業の現場は苦手ですけど、やっぱり自分がこれなら!と思っているからこそなんとかやっていけてる部分はあります。
営業であり、ストーリーテラーでもあるという心構えでやっているからこそ、カチンときたのかもしれません。

またこれにカチンときた自分自身も、営業という仕事を見下しているような気がしてしまって、いろいろな方向からぶっ刺された気分です…