placebo

展覧会の感想、適応障害で休職中の日々の日誌など。気持ちの揺らぎを見つめて自分のハンドリング方法を模索しています。

起床時刻とスヌーズ機能

9月からの新生活に向けて、決まった時間に起床することを目標に暮らしていますが、なかなか上手くいきません。
目標やタスクを先に決めれば起きられるかな?と思ったのですが、そう簡単なことではなかったようです。


スヌーズ機能で気づいたこと

以前の仕事では、特に朝番の寝坊が怖くて1時間以上前から目覚ましとスマホのアラームをかけまくってやっと起きるという生活をしていました。

最近気づいたのですが、いまもスヌーズを1時間近く鳴らしているみたいなんですよね。
起きたい時間(6時-6時半)から1時間以内に起きることができれば上出来というのがいまの状況です。
あんまりアラームを鳴らし続けるのもどうかと思うのですが、1時間前から鳴らして予定の時間に起きられるならその方がいいんですかね…また実験してみようと思います。

先のエントリで書いたように色々理想はありますけど、あまりにも起きられないので最近はハードルを下げてとにかく6時に起床することだけを目標にしています。
薬の調整で7時に起きられるところくらいまでは持ってくることができたので、あと一息だとは思うんですけどね。
こだわり過ぎないようにはしたいんですけど、やっぱり「できる」という実感が欲しいのも事実です。
高望みしすぎない、予定を詰め込みすぎない、自分にプレッシャーをかけすぎないことを意識して、もう少し様子を見たいと思います。