placebo

展覧会の感想、適応障害で休職中の日々の日誌など。気持ちの揺らぎを見つめて自分のハンドリング方法を模索しています。

2018年はモネ・イヤー?

展覧会の記録を書いている中で、なんだか今年はモネが多いな?と思ったので、今回は私が観た範囲で書いたものを改めてまとめてみたいと思います。

ちなみに、2017年は個人的にはゴッホ・イヤーだなと思いましたね。
ゴッホ展 巡りゆく日本の夢→北斎ジャポニズム展→パリ❤︎グラフィック展という下半期の畳み掛けが熱かったです。


(写真はビュールレ・コレクションの《睡蓮》)

ビュールレ・コレクション展プーシキン美術館展モネ それからの100年展映画もありました。

あと行きたいのは増田セバスチャンのこちらですね!こちらもモネの《睡蓮》が題材になっています。
ちょっと遠いのですが12/2までなので、どこかで行けるチャンスはあると思います。
行ったらまた感想を書きますね。