placebo

展覧会の感想、適応障害で休職中の日々の日誌など。気持ちの揺らぎを見つめて自分のハンドリング方法を模索しています。

【適応障害?双極性障害?】通院記録(7/13)

◎今週の所感

今週は、眠気と戦いながら日帰りで旅行するという側から見たら訳の分からない1週間でした。
実際、静岡まで行った木曜以外は過眠傾向で午前中は全く使い物になりませんでした。
なので木曜は喝入れも兼ねて美術と戯れてきました(ただし極端すぎる)。
自分にとってプレッシャーにならない予定なら入れた方がいいみたいなんですけど、客観的に見たらやばい奴ですね。

自分のタスクに関しては音読と散歩以外はいまひとつでした。
とにかく午前中が眠くて眠くて…楽器の練習もあったので美術検定までは手が回らず、軽くチラ見するくらいしかできませんでした。

自分のタスク・社会のタスクのどちらも、いまは自分でやると決めたことしかないはずです。
なのにそれもできないとなると「それもできないのかよ…」と自分で落ち込みが激しくなります。
これはタスク面と感情面の両方から見直しが必要かもしれません。
タスクの分析についてはこちらから。あと、週の前半にとにかくイライラが酷くて夫に当たり散らしまくったことは良くなかったですね。
夫を含めて、他の人からしたら本当になんでそんなことでって思われるかもしれない些細な一言がめちゃめちゃ気に触ることばかりで…いくらバイオリズム的にそういうタイミングだとしても物と人に当たり散らすのは止めたいんですけど、自分の衝動が嫌になります。

あと、社会復帰の足がかりのために某所に面接に行ってきました。
ただこれに受かると週5フルタイムのアルバイトになります。
体力面も心配ですし、これだけ気持ちに波がある中で新人としてフィードバックを受けることができるのだろうか…という不安はありますね。
もちろん受かってない可能性の方が高い気がするのでこれに関しては本当になんとも言えない気持ちです。
とにかく結果を待つしかないですね…


◎通院で話したこと

今週は日中にぼんやりしている時間が長かったので、いつもはその週のことや質問したいことを書き出してから病院に行くのですが、それもせずに診療時間ギリギリに滑り込みました。
で、基本的には先週と変わらずということを伝えました。

気が急いているのに日中は眠気が強くて夢でうなされる。
自分で決めたタスクがこなせないことが歯痒い。
些細なことで爆発して夫や物に当たり散らしてしまう。
落ち込んだ時の無力感が辛い。
焦燥感が辛くて勢いで旅行など、大きなことをしてしまう。
そしてとにかく病状が後戻りしている感覚があることが辛いという部分は先週から変わりません。

あと、演奏会の後に母親と少し話をした中で「あなたは病気じゃないから休めば大丈夫」というような話になりましたが、これが自分でびっくりするほど辛かった、という話をしました。

病気じゃなかったら、仕事をしてないのに毎日辛い感情が必ずあるのは何なの?と思ってしまって…また、ただ心配なだけで悪気はない母親に対してそう思ってしまうのも嫌で、結構今週はこの言葉で落ち込むことが多かったんです。

で、先月辺りから気になっていたことをもう一度しっかり、以前よりはっきり聞きました。
「結局、いまの私の状態って双極性障害なのでしょうか?」という問題です。

デパケンリーマスなどは、個人的に正しい病識でないと飲めないなと感じる薬なので確認したかったんですよね。
あとはやっぱり自分の心持ちや情報収集にも関係するのでどうしても知りたかったんです。

答えは「いまは適応障害ではなく双極性障害として治療を進めています」とのことでした。

やっぱりそうか、といった感じなので大きなショックはありませんでした。
むしろ適応障害なのになんでこんなに治らないんだろうと思っていましたし、デパケンを勧められる以前から薬が明らかに適応障害から離れた物になっていたので、薄々感じていたことが確定してむしろほっとしています。

私としては、決して病名をアイデンティティとする訳ではなく、正しい病識のために知りたいとずっと思っていたので、答えてもらえて良かったなと思います。
これで気分の波と付き合っていく覚悟が決まりました。

前にもちらっと書きましたが、傷病手当金の手続きや会社への診断書へは、手続きの関係で「適応障害」のままで行くそうです。
(急に病名が変わると怪しまれるのか、問い合わせがすごいのだそうです)

近々両親とも会うので、改めて病気のことについては話そうと思います。
来週は夫にも一緒に病院に来てもらって、双極性障害について先生から話してもらえるよう、夫と先生にそれぞれお願いしました。

◎今週の薬

ジプレキサの効果をいまひとつ感じなかったので、それなら夜にすっぱり眠れるセロクエルを飲みたいとお願いしました。
が、いまは過眠も出ているので、とりあえず今回は以前飲んでいたルーラン(ペロスピロン塩酸)8mgで様子見になりました。
メイラックス2mg、頓服のワイパックス(ロラゼパム)0.5mgは変わらずです。

あとしれっと処方箋からなくなっていた抑肝散はお願いして無事復活しました。
食前に薬を飲むという行為そのものも結構、自分を落ち着かせたり生活リズムを整えたりするのに役に立っている節があるような気がするので、今後もこれは飲み続けたいなと思っています。