placebo

展覧会の感想、適応障害で休職中の日々の日誌など。気持ちの揺らぎを見つめて自分のハンドリング方法を模索しています。

はてなProに移行したけど収益を狙わずに書き続ける、その理由

お気づきの方もいるかと思いますが、しれっとはてなProに移行しました。
が、このブログで収益を得る予定はありません。

今回は、収益化を考えていないのにはてなProに移行した理由を、私のブログへのスタンスを交えながら書いていきたいと思います。


収益化を考えていない理由

①収益を他人と比べてイライラしたくない

私はブロガーを目指しているわけではなく、ただ日々の自分自身の気持ちの揺らぎを書いているだけです。
そこに収益という概念を持ち込んでしまうと、収益=他人からの評価に振り回されて、書きたいことよりもいわゆる「ウケのいいもの」しか書けなくなってしまうのではないかという懸念があったため、収益化はしないことにしました。

コンテンツとまではいかなくとも、他の人に読んでもらうに値するクオリティのものをコツコツ積み重ねていきたいという気持ちはあります。
ですがそこに収益が絡んだ瞬間、やはりハードルが上がるし考えないといけないことも増えるような気がしました。
そうなると私のブログへのスタンスのひとつである「気持ちの揺らぎを晒け出す」とは違ってきてしまうかなと思ったのも大きいです。

②美術・展覧会ブログとして図版を多く使いたいので収益を得てしまうとややこしくなりそう

これはそのままですね。
著作権や引用に関してはかなり気をつけているつもりですが、ひょっとしたら間違いがあるかも分かりません。
収益があるブログでそれをやるとなると、また考えなければいけないことや気をつけないといけないことが増えてしまうので、収益化しない方が自分で納得いくものをスピード感をなくさずに書けると判断しました。

ちなみに美術・展覧会の記事に関してのスタンスはプロフィールにあるように「複数の展覧会をはしごしているような気分になれる」ことを目標に、学生時代のレポートのようなテンションで書いています。

大学生はお金をもらってレポートを書く訳ではないですしね。むしろお金を払って勉強してますし…
このブログは勝手に1人でやってるレポート課題みたいなものなので、その面でも収益はいらないかなと思いました。

③ブログを書くことそのものに集中したい

この記事で自分の書いた文章から引用します。

感情のるつぼ、意味づけ、レコーダーがメインですね。
私は基本的にお喋り…というか感情がするする流れていってしまうので、展覧会や演奏会、読書だけではなく、日々のこともきちんと掴まえて整理して残しておきたい、という気持ちが強いです。
一見凝縮タイプに見えるかもしれませんが、そうでないからこそ言葉を尽くしてなんとか一瞬の感情を留めたいと思うことが多いです。

ブログを続けているモチベーションのひとつは、自分の感情の揺らぎを記録して留めるという極めて個人的なものです。
私にとってみれば書くことは祈ることみたいなものなんですよね。

もちろん、多くの人に読んでもらいたいという思いはあるので、そのための最低限の対策は取っています。
ですが、あくまでこのブログは私個人が感じたことや考えたことを言葉にする場なので、収益化を考えてしまうとどうしてもトレンドを追うなど、多数の意見に流されてしまうのではないかと考えました。
それを踏まえて、揺らぎを記録するという本来の目的を見失わないためにも収益化はしない方が良いと判断しました。

収益化しないのにはてなProに移行した理由

①一覧表示を使ってスマホからのデザインを整えたかったから

私のブログはいまのところスマホからのアクセスが多数を占めているので、スマホから見た時に1番綺麗に見えるようなレスポンシブデザインにしたいなとずっと思っていたんですよね。
自分でも色々試してみましたが、やっぱり一覧表示が使えないとスマホからはちょっと読みにくいよなあ…と思ったので、一覧表示が使えるはてなProへの移行を決めました。

②広告を非表示にしたかったから

自分の気持ちを晒け出す場を整えたかった、と言い換えてもいいかもしれません。
以前の自分のネット上の場所だったNisshiは非常にシンプルで広告のないデザインだったので、それに近づけたいという思いからはてなProに移行することを決めました。
自分が気持ちよく気持ちと向き合うための空間を整えるために課金したという感覚です。
書くことそのものが自分の感情のハンドリングになっているので、ハンドリングのための空間にはお金を払いますが、ハンドリングしながらお金儲けはできないかなと思ったのも大きいですね。

✳︎✳︎✳︎

以上の5点がはてなProに移行したけれどあえて非営利で書き続ける理由です。
見よう見まねでカスタマイズも少しずつ進めていますが、自分だけの庭を手入れするような感じで楽しいです。
今後も、ブログへのスタンスである「気持ちの揺らぎを晒け出す」「複数の展覧会をはしごしているような気分になれる」内容をたくさん書けたらいいなと思いますので、お付き合い頂けたら嬉しいです。