placebo

展覧会の感想、適応障害で休職中の日々の日誌など。気持ちの揺らぎを見つめて自分のハンドリング方法を模索しています。

ストレングスファインダー34資質アンロック①上位群

折良く値引きセールになっていたのを機に念願の34資質をアンロックしたら自己分析が面白くなってしまったので、しばらくストレングスファインダーの話をしたいと思います。

上位群・中位群・下位群の分け方

34資質全ての閲覧をアンロックした後は、ギャラップ社の公式サイトのマイアカウント>全てのリソースを表示からの動画を3つ見ます。
基本的に3つとも、34資質をアンロックした後にどのようにそのレポートを使い、自分を育てていくかという方法や指針が解説されています。
今回は「34資質のレポートの読み方」という動画の方法を元に、私の34資質のレポートを上位群・中位群・下位群に分けながら分析したいと思います。

★強みとなり得る34資質は以下の4つに分類されます。
戦略的思考(頭脳を使いたい)
影響力(他人に影響を与えたい)
実行力(何かを成し遂げたい)
人間関係構築力(他者と繋がりたい)

上位群:いつも自分に当てはまる

1.原点思考 context
2.内省 intellection
3.着想 ideation
4.収集心 input

5.適応性 adaptability
6.運命思考 connectedness

7.学習欲 leaner
8.慎重さ deliberative
9.個別化 individualization
10.最上思考 maximizer
11.戦略性 strategic
12.自我 significance

見事に実行力が少なく、しかもそれも慎重さなので、基本的に腰が重くて頭で考えることが好きなんですかね。
PDCAで言うところのPを考えている時が1番楽しいタイプです。

5位までは↓の記事で軽く触れたので、今回は6-12位まで触れようと思います。

6.運命思考

「運命思考」という資質を持つ人は、人々やグループの懸け橋となり、互いがどのように関連し、助け合っているかを伝えます。(中略)簡単に言えば、過去、現在、未来の「点をつなぐ」ことで、他の人々に展望やアドバイス、希望を与えることができます。

原点思考や適応性に近いものを感じますね。
この世に偶然はないというよりは、偶然という要素も因果関係のひとつだと思っています。

7.学習欲

「学習欲」の資質が顕著な人は、学習意欲が旺盛で、常に向上を望んでいます。結果よりも学習すること自体に意義を見出します。

この文章が上手く表しているので、特に言うことはないですね。なんとなく収集心に近いものを感じます。

8.慎重さ

「慎重さ」の資質が顕著な人は、決定や選択を行うときに細心の注意を払います。あらゆる道のりには、危険や困難が待ち受けていると考えています。

これは仕事で培われたものだと思います。
常に最悪の事態を想定する癖がついてしまっています。
プライベートは強いて言うなら、服を買うときに試着は必ずするとかそのくらいですかね。

9.個別化

個別化という資質を持つ人は、一人一人が持つユニークな個性に興味をひかれます。異なるタイプの人たちの集団をまとめ、生産性の高いチームを作ることに長けています。

これは美術や思想の勉強をしてると特に強く感じますし、仕事でも常々意識していました。
チーム作りに長けていたかは謎ですが、どんな人にもそれぞれの事情があるだろうし、得意分野と苦手分野があって当たり前だとは思って仕事はしてました。
人間、みんな違うから面白いと思うんですけどね。

10.最上志向

「最上志向」の才能の持ち主は、個人や集団の卓越性を高める手段として、強みに注目します。優れたものを最高レベルのものに変えようとします。

手放したと思ってましたけどやっぱり上位群にはいましたね。
ただ働く中で、自分の強みよりもチームメンバーそれぞれの強みを活かしたいという風に、使い方が少し変わったかな?とは思います。

11.戦略性

戦略性という資質を持つ人は、目的に向かうための選択肢を想定することができます。いかなる想定に直面しようとも、適切なパターンと問題点を直ちに予測することができます。

Civilizationなどのストラテジーゲーム(の動画を観るのが)大好きです。
作戦会議というものも子供の頃から好きでしたが、自分が答えを出せるわけではないです。
戦略を練るというより、アイディアを出せる場(着想)だからというのもあるかもしれません。

12.自我

自我という資質を持つ人は、他人の目から見て非常に重要な人間になることを望んでいます。独立心に富み、人から認められたいと思っています。

「私ならでは」みたいなものには憧れますね。
最上志向も合わせて、褒められて成長したいタイプです。かけがえのない存在って言われたら嬉しいですね。あと、何かしら生きた証も残したいという野望もあります。

以上が「いつも自分に当てはまる」私の上位群の資質12個です。
次回は先に「ほとんど自分に当てはまらない」下位群をまとめたいと思います。

【続き】下位群のまとめはこちらから。
【続き】中位群のまとめはこちらから。