placebo

展覧会の感想、適応障害で休職中の日々の日誌など。気持ちの揺らぎを見つめて自分のハンドリング方法を模索しています。

初めまして、或いは彷徨えるNisshi亡霊

新年ですね。ばやしこです。

ブログを始めたいと思います。

f:id:esspresso:20180608100933j:image

アカウントを取ったものの長らく放置していたこのブログをきちんと使おうと思ったのは、まず、【ひと活】と称してあちこちの展覧会、時々コンサート、稀に映画に出かけているのでその記録を残したいと思ったから。

そして、ひと活を含む日々のことをひとつにまとめて残したいと思ったからです。

 

2013-14年、わたしはNisshiというwebサービスで、文字通りの日誌を書いていました。

大学生だったので、ノートにああでもないこうでもないと勉強のことや恋愛のことを書き殴るように、Nisshiに素直な想いを書いていましたね…恥ずかしいですが。

Nisshiという場所は、読み終わると既読(足跡でいいんですかね)が自動的に付くけれどコメント欄がないという交流の淡さ、広告のないシンプルな作りが気に入っていたのですが、やはり収益が見込めないためか、惜しまれつつサービスは終了しました。

 

その後、私を含めたNisshiユーザーは、後継を探していろいろなwebサービスへと散っていきました。メジャーどころではTumblr。あとはLifeClipsが多かったでしょうか。

私もこの辺りのサービスをひと通り試したもののいまひとつ続かず、定住した元Nisshiの方の文章を読ませてもらうだけになり、自分が書く日誌の方は、物足りないものを感じつつも最終的に広告がないElloに落ち着いていました。

ちなみにここはてなblogも定住の地迷走期に取ったものです笑

(他にもmnmmはひっそり使うtwitterのような形で使っていますが、なかなかUIが綺麗なのでもっとユーザーが増えてほしいなあなんて思っています)

 

しかし、2017年のひと活の振り返りをしようとしたら、前記事からの引用ができなかったり、下書き保存機能がなかったりというElloの弱さが浮き彫りになってしまいまして。

考えてみれば、社会人になってからはあまり1人の時間が確保できず、下書き保存機能もないことで書くことへのストレスが溜まり、タイムリーに更新する頻度が落ちていたという状況でした。

手早くタイムリーに残せるという意味でこの頃はひと活のログにもInstagramTwitter、たまにmnmmを使っていたことを考えると、Elloを使い続けるには微妙に潮時が来ていたのかなと思います。

UIは気に入っていますし、残している文章のほとんどが大学後半、特に卒論関係のことなので文章そのものへの愛着はありますが…

とにかく自分のログが散逸していると、せっかくのひと活がもったいないなという気待ちが強くなったので、ブログに切り替えようと思ったのでした。

 

とりあえずこのブログは、まず2017年のひと活をゆっくり振り返りつつ、2018年のひと活を残していきたいと思います。

しばらく去年の話が続きますが、お付き合いいただければ幸いです。

展覧会などだけでなく、読書ログなども残せたらいいですね!

 

もちろんそれだけでなく、日々の気づきなども書きたいですね。

一応(?)暮らしにはパーソナルカラーやパーソナルデザインも取り入れているのでその辺りのこととか、当たりだった化粧品のこととか。

 

そんなところで、どうぞよろしくお願いします。