placebo

展覧会の感想、適応障害で休職中の日々の日誌など。気持ちの揺らぎを見つめて自分のハンドリング方法を模索しています。

映画

【ネタバレあり】ファースト・マンを観てきました

それも、朝の8:45から。 催事が終わった解放感で普段なら家でだらけちゃうところだったのですが、スタバのさくらプロモーションにオタクとして参戦したついでに、じゃあ映画も観ちゃおうかな〜みたいなノリで並んでいる間にチケットを取ってしまいました。※…

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』技術、経済、そして模倣と芸術の境界線

新宿シネマカリテにて映画『世界で一番ゴッホを描いた男』を観てきました。公式はこちら。 原題はchina's van goghなんですね。 あらすじ 中国深セン市大芬(ダーフェン)は世界の複製画の6割近いシェアを担う「油画村」。 そこに出稼ぎでやってきた趙小勇(チャ…

ホラー映画耐性ゼロだけど「カメラを止めるな!」を観てきました

話題の「カメラを止めるな!」を観てきました。とにかくネタバレ厳禁!情報は可能な限りシャットアウトして欲しい!という思いもありますが、今回の記事ではホラー要素が苦手でも「カメラを止めるな!」はちょっとだけ頑張って観て欲しいということだけを伝えた…

2018年はモネ・イヤー?

展覧会の記録を書いている中で、なんだか今年はモネが多いな?と思ったので、今回は私が観た範囲で書いたものを改めてまとめてみたいと思います。ちなみに、2017年は個人的にはゴッホ・イヤーだなと思いましたね。 ゴッホ展 巡りゆく日本の夢→北斎とジャポニ…

映画『私は、クロード・モネ』感想

先日、友人の勧めで映画『私は、クロード・モネ』を観てきました。こちらは「アート・オン・スクリーン」というシリーズの中の一作に当たります。 ミケランジェロは公開が終わってしまいましたが、10月にはゴッホが待っています。 これはゴッホ好きとしてはま…

ひと活振り返り2017 ◎映画

※Elloでの振り返りに加筆してます。 ◎映画 観た本数としては2本と少ないけれど普段全然映画を観ないのでこれでも多い方(ひどい)。 2016年も君の名は。と試写会で観た洋画1本なのでだいたい一緒ですね。ろくでもねえな。 カウントは【映画館で観たもの】オン…