placebo

展覧会の感想、適応障害で休職中の日々の日誌など。気持ちの揺らぎを見つめて自分のハンドリング方法を模索しています。

2018-10-31から1日間の記事一覧

映画『世界で一番ゴッホを描いた男』技術、経済、そして模倣と芸術の境界線

新宿シネマカリテにて映画『世界で一番ゴッホを描いた男』を観てきました。公式はこちら。 原題はchina's van goghなんですね。 あらすじ 中国深セン市大芬(ダーフェン)は世界の複製画の6割近いシェアを担う「油画村」。 そこに出稼ぎでやってきた趙小勇(チャ…