placebo

展覧会の感想、適応障害で休職中の日々の日誌など。気持ちの揺らぎを見つめて自分のハンドリング方法を模索しています。

熱量コンプレックス

またも間が空いてしまいました。 自分で決めたこととは言え慣れない取材業や撮影業をこなしたのちの、催事を含む怒涛の9連勤ですっかり気が滅入っています。催事の間は無理を言ってでも1日は休まないと、だんだんと人を憎むようになってしまうということがよ…

インプットとアウトプット、どちらも辛いのは何故か

このところ思考が切れ切れです。 展覧会に行く気力もなく、音楽をやりたいという気力もなく、読みたい本もない。 非常に良くない傾向です。なんか最近インプットもアウトプットも辛いな?とぼんやり感じているので、今回は腰を据えてそのことを考えてみまし…

通り過ぎてしまう淡い気持ちに目を向ける

仕事に行けなくなる前の、寒くてぐっと身体が縮こまるつらさもあったけど、今日みたいな春の気配がもたらすなんとも言えない焦燥感もしんどかったな、と去年のことを思い出している。今日もなんだか春の気配を素直に喜べなくて少し気持ちが沈んでいる。— ば…

【ネタバレあり】ファースト・マンを観てきました

それも、朝の8:45から。 催事が終わった解放感で普段なら家でだらけちゃうところだったのですが、スタバのさくらプロモーションにオタクとして参戦したついでに、じゃあ映画も観ちゃおうかな〜みたいなノリで並んでいる間にチケットを取ってしまいました。※…

雪の日を越えて

催事真っ最中のため、3連休もバリバリと仕事をしていました。 雪予報に怯えつつ、なんとか心と身体のバランスを取ることができたのでほっとしています。去年の1月、雪が降ると聞いたときの絶望感は未だに忘れられません。雪の日の中、いま思えばしょうもない…

【適応障害・転職】別の形でストレスが身体に出るようになっている?

唐突にシンガポールのブーゲンビリア。 仕事で一眼を触るようになったので、隙を見てやっとスマホに写真を取り込みました。仕事を唐突に休んでしまったりもありましたが、なんとか魔の1月を乗り越えたので、精神的な波は抱えながらも仕事上はそれなりに元気…

やさぐれスターバックス

合わせたかったピントは、透きとおったグリーン。 夜の街の灯に透けて綺麗だなと思ったので、一眼を引っ張り出して撮りました。 もう少し絞ってカリッとさせた感じの方が引き締まったかなあとも思いましたが、一発撮りの撮って出しなのでまあいいや、という…

書くこと、撮ることを大切にしたい

このところ「撮ること、書くこと」に特化した仕事をする機会が多くなったので、必然的にこのブログを含めいろいろどうしたものかな、と考えていました。仕事の中で「営業」「広報」「(広義の)クリエイティブ職」が求められていている「(本名)」の人格と、ここ「ばやしこ…

ムンク展 共鳴する魂の叫び@東京都美術館②ムンクとゴッホと《星月夜》

引き続きムンク展の感想です。 前回はこちら。どうも私は極端で、会期最速で行くか駆け込みギリギリに行くかのどちらかになってしまうんですよね。 今年こそは会期中にまとめをかきおわりたいなと思っていたのですが早速挫折しました… まあ自分の場所なので…

適応障害と診断されて丸1年経った日をどう過ごしたか

タイトル長いですね。 結論から言うと完全に落ちてしまって会社を休んでしまいました。 当日にドタ休みしてしまったのはこれで2回目です。なんだか最近、涙が全然出ないんですよね。 そういう訳で、昨日もただただ起き上がる気力がなく、ベッドの中でうずく…