placebo

展覧会の感想、適応障害で休職中の日々の日誌など。気持ちの揺らぎを見つめて自分のハンドリング方法を模索しています。

【2019年振り返り】ヤクルト沼に突如転がり落ち、その勢いで転職まで辿り着いた話

なんとか滑り込みで展覧会の感想を書き終えたので、2019年全体を振り返ります。ブログ用の備忘録。【最近行った展覧会】ウィーン・モダン展松方コレクション展みんなのレオ・レオニ展【最近観た映画】氷上の王 ジョン・カリーエクス・リブリス ニューヨーク…

アンビバレントさを考える ゴッホ展@上野の森美術館 感想

今回のゴッホ展の感想で、2019年の展覧会感想はひと区切りつきそうです。感想を後回しにしていると、本を読んだり別の展覧会に行ったりで、まとめる前にいろいろ繋がりに気づけるというメリットもあるのですが、やっぱり溜め込むと振り返りの量が酷いことに…

コートールド美術館展+『長寿と画家—巨匠たちが晩年に描いたものとは?』感想

2019年が終わってしまうので、なんとか精算するべく調べ物を進めています。 来年は東京の会期中に記事が上げられるようにしたいものです……ということでコートールド美術館展@東京都美術館の感想です。 今回はマネが大好きな夫と一緒に行ってきました。公式サ…

子ども向けと侮ることなかれ みんなのレオ・レオーニ展 感想

さすが、可愛いですねえ。 松方コレクション展の後は、みんなのレオ・レオーニ展@損保ジャパン日本興亜美術館へ。 たまたま訪れた日は「トークフリーウィーク」。 子どもも声の大きさに気兼ねなく観られるよ、という取り組みです。 夏休み間近でしたのでね。と…

画家とコレクターの眼差しを辿る 松方コレクション展 感想

季節は一気に飛んで7月。 7月かそうか……という感じですが。 6月は仕事の繁忙期に加え、誕生日を迎えたこともありめちゃくちゃ情緒が不安定だったのと、友人の誘いで突如ヤクルトにどハマりしたのとで美術館に行ってなかったんですよね。しかしそれはそれ、こ…

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 感想

ブログ用の備忘録。【最近行った展覧会】ウィーン・モダン展松方コレクション展みんなのレオ・レオニ展【最近観た映画】氷上の王 ジョン・カリーエクス・リブリス ニューヨーク公共図書館天気の子(×2)【その他】ヤクルト戦に3回— ばやしこ (@mm_bayashiko) 2…

欲とさざなみ

ままならない日々の中でも、精一杯、いろいろなものを見て、感じて、言葉にして生きていたいと思いながらサバイブしています。見ることについては、スケジュール、お金、そして気力の都合がつけばそれなりにチャンスは作れているんですよね。 (幸いなことに…

私が日誌を書きたい理由と瞑想の話

書き残すことも憚られるレベルで仕事に精神を持っていかれていました。 あとちょっと、ここを乗り切れば山場を越える見込みがあるよ、と年の頭からずっと言われていた案件は終わったものの、「どうしようもなさすぎる」みたいなイレギュラーが連発し、結局後味…

『天気の子』感想 物語は自分を納得させるためのものではない

仕事で盛大にすったもんだしていました。 いつもドタバタはしていますが、勝負をかけるタイミングに人間関係の難が加わってしまったため、かなり追い込まれまして…… 一応この件は解決し、とりあえず生還したという次第です。合間合間に楽しみは摂取していま…

好きだけど、頑張れない。好きだから、頑張れない。

なんとか8月を生き延びまして、いまの職場も勤め始めてまもなく丸1年になります。 自分のありとあらゆる好きなことを総動員し、仕事に全力投入した1年でした。その結果、好きなことを仕事にするのは、どうやら私には向いてないんじゃないかと思うようになり…